#番外   『甘味処ともかず』 春のお菓子予約について

#254でご案内した、『甘味処ともかず』 春のお菓子についてお問い合わせを頂きました。以下、ざっくり追記いたします。
※予約は、9日(土)まで受け付けているそうです。

<お品書き>
桜のムース/とちおとめとぶすっこトマトのブラッドオレンジのジュレよせ/春の浮島/桜吹雪/新玉ねぎとにんじんのムース

販売価格 : 5品詰め合わせ、1折2000円
販売日 : 11日(月)、12日(火) ※4、5日は終了。
受け取り場所 : 羽村 きまぐれや、青梅 久保田商店
発送に関して : 11日(月)、クール便にて全国発送あり。(代金+送料+クール便代金。代引き可)
予約方法 : 甘味処ともかずのFacebookページのメッセージにて受付。
→ 受け取り希望日、受け取り希望時間(基本的に午後になります)、予約数、受け取り場所(方法)を書いて下さい。

詳細はコチラまで → ★★★

d0113671_17174451.jpg

[PR]
# by bonappetit2007 | 2016-04-05 17:28 | 編集日記

#254    知る人ぞ知る……。

和菓子屋さんに、いちご大福が並んで、おはぎが続き、そして桜餅に花見団子……。
卒業から入学シーズンへと向かう頃は、お菓子も忙しなくめぐります。
ふわりと漂うような色と香りこそ、春の甘味の醍醐味。
たぶん、一年でいちばん和菓子を欲する季節かもしれません。

昨秋発売した著書でもご紹介した、和菓子職人×イタリア料理シェフのコラボから生まれた『甘味処ともかず』でも、待望のお菓子セット第三弾の予約が始まったようです。
多忙な二人のタイミングが合ったときだけ発売される、知る人ぞ知る創作菓子(詳細は『甘味処ともかず』Facebookへ)。
昨春のお菓子、、、あー美味しかった。
かしこまらない旨さが、舌に嬉しかったのを覚えています。
さて、今回のお菓子や如何に。

d0113671_163477.jpg
                             Text by Fumie Nagai
[PR]
# by bonappetit2007 | 2016-03-26 16:05 | 編集日記

#253  私的注目の催し【March】

半年前に掲載した、私的注目の催し。
「なかなか役立った」らしい…ので、3月分をUPします。すべての催しに参加できて、情報も毎月更新できれば良いのですが、すべては私的タイミングということで、ご容赦くださいませ。

* 21_21 DESIGN SIGHT企画展「雑貨展」  開催中 
* watari企画展 『Dear India』  3/2(wed)~14(mon)
Sempe in THE〝NEW YORKER〟  3/2(wed)~9(wed) 
PARIS オートクチュール-世界に一つだけの服  3/4(fri)~ 
* madam pomme 『セミオーダーの洋服展2016』  3/4(fri)~6(sun)
Ateriel el 2016ss商品受注会  3/4(fri)~24(thu) Envelope online
布博in東京vol.6  3/5(sat)~6(sun)
スタジオ設立30周年記念 ピクサー展  3/5(sat)~ 
* 映画 『アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー』 3/5(sat)~公開
箱田鞄フェア  3/7(mon)~15(tue) 伊勢丹立川店
パンのフェス2016 in横浜赤レンガ  3/11(fri)~13(sun)
* AUTTAA 2016ss 予約販売会  3/15(tue)~ Envelope online
Midtown Blossom 2016  3/18(fri)~
東京アニメアワードフェスティバル2016   3/18(fri)~21(mon)
* 映画 『木靴の樹』 3/26(sat)~公開
* 映画 『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』 3/26(sat)~公開

d0113671_1102868.jpg
                             Text by Fumie Nagai
[PR]
# by bonappetit2007 | 2016-03-01 11:17 | 編集日記

#252  ものことひと市 CRAFTS BOOKS FLOWERS

さまざまな〝つくる〟に焦点をあてたマーケット、「ものことひと市」のお知らせです。
ハンドクラフト、本、花、食、趣味、実用……。会場には多くの作家さんのお店が並び、ワークショップなどのイベントも盛りだくさんの2日間です。

20日(土)には、発売中の『本と店主』でも対談した森岡督行(「森岡書店」店主)、小林和人(「Roundabout」「OUTBOUND」店主)のトークショー『選書を通して語る、店づくり、もの選びの話』を開催。
取材時には、互いの読書歴から、その途上にある〝仕事のあり方〟について多いに共感したというお二人が、今回はたっぷり2時間、本とお店について語り尽くします。

【開催概要】
日 程:2016/2/20、21
時 間:10:30-19:00(21日のみ18:30閉場)
場 所:3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区外神田6-11-14)
    → 東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分/千代田線湯島駅6番出
      口より徒歩3分/JR御徒町駅南口より徒歩7分
主 催:株式会社誠文堂新光社

d0113671_14541167.jpgText by Fumie Nagai
[PR]
# by bonappetit2007 | 2016-02-18 15:02 | 編集日記

#251  久保田商店の逸品 「酒まんじゅう」

遅れてやってきた酷寒が、たびたび白い雪を降らせた睦月から、気づけば如月を迎えていました。月日の疾走ぶりはすさまじくて、凡人は焦らされてばかりです・汗。

さて、今日は働き者のご夫婦から嬉しい連絡がありました。
「田舎・郊外でお店、はじめました。」で取材させていただいた、酒まんじゅう一筋の「久保田商店」さんが、ホームページを開設されたとのこと。
4代続く老舗は地元のお客さまに支えられ、食べた人のクチコミだけで、日々つくる酒まんじゅうを売りきります。
でも、今はSNSの時代。膨大な情報が流れ続ける中で、大正時代から変わらぬ製法や、つくる家族の心がけを記し留めておく場所は必要だと思います。

クスッと笑ってしまったのは、〝商品一覧〟のカテゴリーがあること。クリックすると、「全て……酒まんじゅう」という文字と写真が一枚だけ。
これぞ職人のプライド。久保田さんは、酒まんじゅう一品だけで100年、お客さまを絶やさない名店なんです。

d0113671_1754956.jpgText by Fumie Nagai
[PR]
# by bonappetit2007 | 2016-02-01 18:01 | 編集日記