#251  久保田商店の逸品 「酒まんじゅう」

遅れてやってきた酷寒が、たびたび白い雪を降らせた睦月から、気づけば如月を迎えていました。月日の疾走ぶりはすさまじくて、凡人は焦らされてばかりです・汗。

さて、今日は働き者のご夫婦から嬉しい連絡がありました。
「田舎・郊外でお店、はじめました。」で取材させていただいた、酒まんじゅう一筋の「久保田商店」さんが、ホームページを開設されたとのこと。
4代続く老舗は地元のお客さまに支えられ、食べた人のクチコミだけで、日々つくる酒まんじゅうを売りきります。
でも、今はSNSの時代。膨大な情報が流れ続ける中で、大正時代から変わらぬ製法や、つくる家族の心がけを記し留めておく場所は必要だと思います。

クスッと笑ってしまったのは、〝商品一覧〟のカテゴリーがあること。クリックすると、「全て……酒まんじゅう」という文字と写真が一枚だけ。
これぞ職人のプライド。久保田さんは、酒まんじゅう一品だけで100年、お客さまを絶やさない名店なんです。

d0113671_1754956.jpgText by Fumie Nagai
[PR]
by bonappetit2007 | 2016-02-01 18:01 | 編集日記
<< #252  ものことひと市 C... #250    福、来たれ >>